金属加工の方法

金属加工とNC旋盤加工の早川金属工業/金属加工の方法

金属加工の方法

金属を加工する主な方法には、次のようなものがあります。

除去(切削)加工
鋳造
溶接
塑性加工 (鍛造・折り曲げなど)
  1. 除去(切削)加工

    「切る、削る」など、材料の不要な部分を取り除いていくことによる加工法。「切り屑」の出る加工ともいえます。
    工具・工作機械としては、金切り鋸、やすり などや、ドリル(ボール盤)、旋盤、フライス盤などを使う加工です。
    削り取る刃物の、直線運動や円運動と、その組み合わせになることが多く、日常生活の中では、その加工された部分はあまり目に付かないところの 機器内部の部品特に機械部品に適用されることが多い加工法といえます。

    このページのトップへ戻る

  2. 鋳造

    金属は比較的高い温度で溶けますが、そのような溶融金属を、型に流し込んで 必要な形状をかたちづくる方法です。
    型の作成が鋳造のいろいろな方法の 違いを生み出しますが、型に流し込む以上、型は「必要な形を、 空洞としてかたちづくること」が目的となります。
    型を作る材料は、砂・金属・熱硬化樹脂などが使われます。
    金属だけでなく、プラスチック・合成樹脂などの製品にも使われる方法です。 先の除去・切削加工とはちがって、この方法で作られたものは目にする機会は 比較的多いものです。複雑な形のものを作るのに適した方法です。

    このページのトップへ戻る

  3. 溶接

    溶接も金属を溶かしている点では鋳造と変わりないのですが、鋳造は形を すべて型とするのに比べ、溶接では材料と材料を接合する部分だけ溶かして、 部材同士をくっつける方法です。
    つまり、部分的に溶かすのであって、 全部溶かす訳ではないのです。
    溶かす方法は、電気火花を飛ばして高温度を発生させるものと、ガス (アセチレン-酸素)の燃焼によるものなどがあります。
    鉄骨や鉄筋、自動車のボディなどの接合に使われる方法で、一言で言えば 「構造物を作る」ために材料同士を接合する方法ともいえるでしょう。
    摩擦圧接は部材同士をくっつけるという点では同じですが、工作物を回転・接触させることで発生する摩擦熱のエネルギーを利用、工作物同士を押し付け圧力を与えることで、高品質で生産性の高い接合システムを実現します。
    その結果、従来の溶接では不可能だった、異なった性質を持つ材質の接合が可能です。優れた強度・精度に加え、生産性もアップし、おまけに消費エネルギーが少ないので経済的で、そのうえ火花や炎が出にくいため作業環境も向上します。
    これは、「曲げる」などの変形方法と、鍛造など「叩く」ことによる変形に 分けられます。
    どちらの変形も、金属の場合は結晶組織の変形を伴い、 「加工硬化」と呼ばれる、硬さや強さが上昇する現象が見られます。
    一度 曲げた針金は、同じ所を元に戻そうとしても、その曲がった部分が加工硬化 しているので、なかなか元どおりまっすぐにはならないものです。
    鍛造はあまり一般には知られていないかも知れません。身近なところでは 、硬貨(大蔵省造幣局作成)もこの方法の一種で、スタンピングという方法 で作ります。

    このページのトップへ戻る

  4. 塑性加工

    摩擦圧接は、部材同士をくっつけるという点では同じですが、工作物を回転・接触させることで発生する摩擦熱のエネルギーを利用、工作物同士を押し付け圧力を与えることで、高品質で生産性の高い接合システムを実現します。
    その結果、従来の溶接では不可能だった、異なった性質を持つ材質の接合が可能です。
    優れた強度・精度に加え、生産性もアップし、おまけに消費エネルギーが少ないので経済的で、そのうえ火花や炎が出にくいため作業環境も向上します。
    これは、「曲げる」などの変形方法と、鍛造など「叩く」ことによる変形に 分けられます。
    どちらの変形も、金属の場合は結晶組織の変形を伴い、 「加工硬化」と呼ばれる、硬さや強さが上昇する現象が見られます。
    一度 曲げた針金は、同じ所を元に戻そうとしても、その曲がった部分が加工硬化 している ので、なかなか元どおりまっすぐにはならないものです。
    鍛造はあまり一般には知られていないかも知れません。身近なところでは 、硬貨(大蔵省造幣局作成)もこの方法の一種で、スタンピングという方法 で作ります。

    このページのトップへ戻る

お問い合せ:納期、加工精度などあきらめる前にご相談ください!

  • 有限会社 早川金属工業
  • 担当:早川
  • メールでのお問い合せはこちら

このページのトップへ戻る